和風フリーホラー【幽霊屋敷桜】
和風フリーホラー【幽霊屋敷桜】

人気記事ランキング

撮影用に新品同様の90年製MTBを譲って貰う
写真撮影に大活躍しているMTB「TREK USA 970 1990」。これは当方の写真の先生でもある叔父が1990年に輸入し25年間マンション内に展示してあり新品同様だったレアなMTB。叔父がお年を召し自転車に乗らなくなった事と当方が赤が好きという事もあり譲って頂きました。MTB初心者なので叔父に奨められた参考書を読みネットで調べ自分でメンテできるように勉強しています。最初は一眼レフと三脚を詰めるよう改造を試みましたが、ミラーレスを購入してからは軽装。大切に乗っており小雨に当たると速攻拭き上げます。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 |
■ 傷埋めと傷対策
□ 傷が増えてきた
トップチューブ
ロードバイクとMTBには「スタンド」が無く、コンビニで飲み物(ペッドボトル)を補充するさいに「ガードパイプ」や「標識」に立て掛けチェーンロックで巻き付けますが、停める度に傷が増えていきます。叔父が25年間大事に室内で飾っていたMTBなのに1ヶ月で傷を増やしてしまい申し訳ないです。「フレームパッド 」を買っておくべきでした。
傷が増えてきた

転んだり衝突した事とはありません。駐輪時の壁が原因です。もっと早く対策をするべきでした。
錆びが怖いので先に赤で塗装することに致します。
傷が増えてきた


傷が増えてきたダウンチューブ
こちらは撮影のため三脚をフレームに括り付けた時に付いた傷です。ここにも小さな「フレームパッド 」が必要ですね。無ければゴムを巻こうと思います。

Amazonで欲しい商品が無かった
フレームの傷はMTB乗りに名誉な事らしいですが、叔父から譲り受けた大切なMTBです。錆びが怖いので車用のキズ補修用塗料を使用し、その上から「フレームパッド 」を巻くことに致します。
駐輪時に接触する場所と、三脚がぶつかる箇所に2個欲しいのですが、Amazonで探したところ余り出回って無いですね。安い自転車は保護する必要が無く、高い自転車はフレームを他人に自慢するため隠す人は少ないからでしょうか?当方は撮影の移動手段とし使用しますので耐久性を取ります。

三脚は頑丈な「バックル付ナイロンバンド」で巻こうとしましたが、荷物用が多く2mの物が主流で長すぎます。短い物はマジックテープタイプの「固定バンド」が中心で、耐久性が弱く適した長さがありませんでした。


□ 店舗で探す
趣味の人達が集う良い雰囲気の店趣味の人達が集う良い雰囲気の店
ネットで調べると「フレームパッド 」は店舗オリジナル品が多いので、隣市の専門店に行く事に致しました。ここは元々2階建ての卓球場兼カラオケ屋でしたので、街の自転車屋としては大きいです。

趣味の集いの場らしく店員も良い人で、商品を開封し長さを測ってくれカタログで商品を探してくれました。常連と思われる若い女性やお爺さんが楽しそうに店員と話しており雰囲気の良い店です。

ここも愛用店にしたいと思います。

全て店舗で揃った
フレームパッド 」は「OSTRICH フレームカバー 」の大きさ違いが3種類あり一番短く太いフレーム用の4枚入りを購入。カタログで確認して貰ったところ、黒灰青の3色のみで赤いフレームに合う黒に致しました。

キズ補修用塗料は取り扱って無く、帰路にあるホームセンターで「タッチアップペン」と言う簡単なマツダ車用を648円で購入。色が車種ごとになっており店内にMTBを持ち込み色味を比較する事もできませんので、思い出しながら長い間悩みました。購入した物を自宅で見比べると一番近い色で一安心。
傷対策セット
こちらの専門店は1ブランドしか取り扱ってないとの事で種類は少ない 合計2千円
バックル付固定バンド
Amazonでは見かけなかった短いタイプの「バックル付固定バンド」。それも欲しかった赤色です。長さを聞いたところ、店員が開封して測ってくれました。50cmと探していた長さです。2本入りで紐の強度もあります。
バックル付固定バンド

歯とロールが付いています。複雑な形なのにマニュアルは未付属
大体分かりますが、3箇所穴がありパズルですね
バックル付固定バンド

3回折り込むので重い三脚をMTBに取り付けても安心です
バックル付固定バンド

タッチアップペン
タッチアップペン」と書かれているので、ペンタイプを想像し購入しましたが、筆の付いた「マニキュアタイプ」でした。” 振って混ぜてからお使い下さい "と記載通り振りましたが、筆の付いたキャップ部分が深くインクがキャップ内に溜まり塗装中に指に垂れ後始末が大変でした。除光液で簡単に落ちます。

インク自体は丁度良い濃さで塗りやすく3度塗り致しました。穴を埋めるだけで良いのですが、インクが垂れてしまい平らに広げると塗装範囲が広がっていく悪循環に陥りました。色は車用なので若干違いますが、遠くからなら分かりません。
タッチアップペン

■ 修復後
□ 錆び対策
傷の補修(トップチューブ)

駐輪時に出来た「トップチューブ」の傷を前回「タッチアップペン」で補修。夜間室内で行いましたので暗く苦戦。今回は明るい野外(彼岸花の名所)へ状態確認に来ました。
傷の補修(トップチューブ)

傷の補修(ダウンチューブ)
ダウンチューブ」は三脚の持ち運びで出来た傷です。もっと早く対策を練るべきでした
傷の補修(ダウンチューブ)

車の傷隠しが意外と使える
写真のアップでは若干色が違い凹凸が残っていますが、乗車してる分には周囲からは分からないと思います。サビ防止が目的で上から「フレームパッド 」を巻きますので十分です。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 |